概要/沿革

概要
福井大学医学部(旧福井医科大学)産科婦人科学講座は昭和56年(1981年)4月1日に開設され、初代富永敏朗教授(1981.4-1996.3)、二代目小辻文和教授(1996.6-2012.3)、そして三代目吉田好雄教授(2012.6-)と受け継がれています。
 当教室は、福井県が生んだ幕末の偉人橋本左内先生の座右の銘のごとく「急流中底之柱即是大丈夫之心:きゅうりゅうちゅうていのちゅうすなわちこれだいじょうぶのこころ (はげしい流れの中に、たおれず、流されず、毅然と立ってがんばる底柱) 」を信念として、大学医学部の臨床教室に課せられた使命である、1) 臨床、2) 教育、3) 研究、を果たしていくととともに、福井県内唯一の医師育成機関である大学病院産婦人科として、福井県の地域の産婦人科医療の維持・発展に主導的な役割を担うことです。
昭和64年(平成元年、1989年)
7月15日~16日
第7回日本受精着床学会
(フェニックスプラザ、会長 富永敏朗教授)
平成3年(1991年)
9月28日~29日
第39回日本産科婦人科学会北日本連合地方部会総会学術講演会
(フェニックスプラザ、会長 富永敏朗教授)
平成13年(2001年)
11月26日~29日
2nd Canada-Japan Bilateral Workshop on Hormone Reproduction & Reproductive Biology
(国際交流会館、会長 小辻文和教授)
平成17年(2005年) 第53回日本産科婦人科学会北日本連合地方部会総会学術講演会
(自治会館、会長 小辻文和教授)
ページトップに戻る