各部門の特徴

婦人科腫瘍部門

子宮肉腫の診断治療法の開発

Radiomics解析を高エネルギー医学センター、子宮肉腫診断バイオマーカーの同定とその測定キットの開発を東洋紡・県立大学水谷教授と共同研究をしている。

成果
放射線画像から、肉眼ではとらえきれない画像特徴量を抽出し解析することで子宮肉腫と子宮筋腫との鑑別を可能とした。
放射線画像
NCBIより公開されているデータベースから子宮肉腫で特異的に高発現する遺伝子とその分泌性タンパク質を同定し、これらを患者血清からわずか5分で測定可能なキットを開発することで子宮肉腫と子宮筋腫との迅速な鑑別を可能とした。
キット開発

卵巣がんの薬剤耐性獲得機序解明

オタワ大学Tsang博士と共同研究を実施している。

成果
抗癌剤抵抗性卵巣癌の病態を「細胞内カルシウム伝達」及び「ミトコンドリア内Drp1遺伝子」の観点から解明した。

PET検査での婦人科腫瘍の診断・治療への臨床応用

高エネルギー研究センターとの共同研究で、FDG-PETとエストロゲンレセプターを検出するPET検査の臨床応用とPET-MRI検査の有効性を研究している。

成果
子宮体癌のホルモン治療において治療効果が高いほど、エストロゲンレセプターを検出するFES-PET検査でのFES集積が低下することを解明した。
研究イメージ

腹腔内温熱化学療法(HIPEC)の有効性

成果
卵巣癌や子宮肉腫に伴う播種病変に対するHIPECの有効性を当院消化器外科と共同し解明した。
研究イメージ
研究イメージ

周産期部門

胎盤ポリープの新規治療開発

GnRHアゴニストが胎盤ポリープを縮小・消退するという臨床知見を見出し、そのメカニズムの解明を試みている

成果
GnRHアゴニストが胎盤ポリープの本態をなす絨毛外栄養膜細胞にアポトーシスを誘導することを発見した。
研究イメージ

福井県の周産期死亡、常位胎盤早期剥離の調査研究

福井県と協力し、県の周産期死亡を詳細に解析している。また、県内で発生した常位胎盤早期剥離について母児の予後別に詳細に解析し、予後改善に向けた最善の産科管理を探索している。

不妊治療後の癒着胎盤の発症予測へ向けて、脱落膜分泌因子による絨毛浸潤制御機構の解明を試みている。また、過去の臨床データを用いて、癒着胎盤の予測モデルの構築を試みている。

成果
福井県で2013年から2017年に発生した周産期死亡の特徴として、①胎児発育不全の合併が多いこと、②羊水過多の合併が羊水過少の合併よりも多い(約2倍)ことが分かった。また、常位胎盤早期剥離による死産に限ると、90%が妊娠第3三半期の早産期発症であること、さらに発症から病院受診までの時間の中央値が約4時間であり、症状を自覚しても速やかに病院受診されていないケースが多いことが分かった。この結果を元に、①超音波検査による胎児発育と羊水量異常(羊水過少だけでなく羊水過多も)に特に注意して妊婦健診を行うこと、②常位胎盤早期剥離に関する患者教育の徹底につき、県内の全ての分娩取り扱いへの啓蒙を行った。
研究イメージ
研究イメージ