入局案内

福井県産婦人科医師連合メニュー
医局員・同門会専用メニュー
FES PET検査を希望される方へ
現在当科で実施している臨床研究
周産期抄読会
第6回婦人科がんバイオマーカー研究会学術集会

カリキュラム

教育・研修プログラム(卒後3年目以降)

以下の全ての項目で、ステップ3に到達することを目標とし、期間は2~3年を目安とします。
周産期医療、婦人科腫瘍、生殖医療、女性ヘルスケアについて、「患者さんから情報を的確に導き出し診断・治療ができる」という基本姿勢を習得します。

1. 診療の基本姿勢の習得

ステップ1 ・指導医師の患者への説明・診察内容を、診療録に正確に記載できる。
・指導医師に、患者情報を、簡潔かつ必要十分に伝える事ができる。
ステップ2 ・良性疾患患者、一般周産期患者の病態を診察所見から、正確に理解することができる。
・教授回診、カンファレンスで、患者情報を正しく簡潔な言葉で提示することができる。
ステップ3 ・学会で、症例報告ができる。

2. 手技の習得

ステップ1 ・指導者のもとに正常分娩の介助が適切にできる。
・良性疾患と産科手術の手技を理解し、第二助手ができる。
ステップ2 ・良性疾患と産科手術の第一助手ができる。
ステップ3 ・吸引分娩などを指導医のもとでできる。
・悪性腫瘍手術を理解し、第二助手ができる。

3. チーム医療:コメディカルを含む医療チームの構成員としての活動能力の養成

ステップ1 ・スタッフー研修医―学生―看護師で構成される「チーム医療」を理解し、
 チームの一員として活動できる。
ステップ2 ・「チーム」の一員として、研修医・学生を指導できる。
ステップ3 ・大学病院全体の中でバランスを取りながらチーム医療ができる。

産婦人科専門医を卒後5年で習得する。

教室員募集
申込締切 病院の締め切りに準ず。
選考方法 面接・説明会の日時・場所:希望者には適時連絡します。
連絡先 吉田 好雄
〒910‐1193 福井県吉田郡永平寺町松岡下合月23
福井大学 産科婦人科教室
TEL
:0776-61-8392
e-mail
:yyoshida@u-fukui.ac.jp
ページトップに戻る